vol13

Create
2012.12.16
Hair
藤田 剛司
Make
玉村 香保里
Photo
倉橋 一気
Model
上田 悦子

POISON IVY

今回のモデルは、藤田がコンテストでカットモデルをお願いしていた女性です。ですが、今までスタイルを写真におさめたことはありませんでした。ボリスガールの撮影は、本人がしたいことを実現するもの。音楽が好きで、バンド活動もしている、ということを知り、そこから掘り下げることに。

聞けばコアな洋楽ファンで、敬愛するバンドがあり、その女性ボーカルが好きだと知りました。「カットモデルで依頼のときはそこまで知らなくて、僕は強い女性のイメージを持っていました。雑誌をめくりながら、彼女がふとかわいいイメージの写真にも飛びついたので、“乙女チック”な表現できるのでは、と思ったのです」

前半は彼女が好きなロックバンドのイメージで創りました。カラーはベージュ系のハイトーンに。ロック系の激しさを思わせる、ざくざくっとしたスタイリング。「ボーカルの生き方が好き」というモデルの言葉から着想を得て、アレンジを考えました。

一方、彼女が内面に秘めている可愛らしいバージョンでは、毛先を巻いて控えめな甘めを演出。「普通だけど、普通っぽくないな、と思わせる、良い違和感を創りたかった」と藤田は話します。モデルの内面をくすぐったのか、肩の力が抜けて笑顔がこぼれたようです。

藤田なりにミッションを課していたこと、それは“ショートのスタイリングの幅を増やすこと”。「顔まわりがキレイに見えるように心がけ、ワックスを付けだけでも毛先のニュアンスがつくよう意識しました。エッジがきくように、毛先に質感をつくり、バックスタイルは刈りあげに。動く、しめる、隠す、というメリハリがポイントです」
自然に見えてかっこいい、を創るのは、簡単そうで難しい。短いだけに動きをつけにくいけれど、そこを見事にクリアし理想のスタイルを実現。ショートスタイルの可能性を藤田は見せてくれました。

メイキング&オフショット

BorisGirls一覧へ

ページTOPへ