vol14

Create
2013.02.03
Hair
小浜 尚武
Make
宮口 玲菜
Photo
出地 瑠以
Model
十左近 怜香

The Vampire Genteil

「海外ドラマ『ヴァンパイヤ・ダイヤリーズ』の主人公、ニーナ・ドブレフみたいに、強くて綺麗な女性になりたい」と、演じたいイメージをはっきり持っていた十左近怜香さん。担当の小浜尚武は「ヴァンパイヤという設定が面白そうで、テーマを即断しました。だけどドラマの主人公をそのままに、作り込みしすぎては面白くない。もともと十左近さんが放っている素の良さを引き出し、怪しさ、妖艶さを手がけたいな、と」。そんな想いからスタートしました。

今回の注目すべき小道具は「歯」。ヴァンパイヤという存在感を出すために、歯科技工士に八重歯(付け歯)を特注したことです。下準備では、主人公の髪色に近づけるため、明るめの髪をダークトーンに変更。毛先のみカットを施し、艶っぽさを出す。小浜のカット技が光ります。

白と黒をベースにした衣装とともに、彼女は背中にフリルのついたカワイイ系も持参。「バックスタイルにアクセントのきいた服があって。これを見たとき、セクシーとカワイイが混じった、いろんな表情を作れそう、とインスピレーションがわいたんです」。衣装をみて、スタイルイメージが固まってきた、と小浜は話します。

そこで、普通の女の子からヴァンパイヤに変わる流れを撮影に入れていくことに。ナチュラルメイクから、だんだんとリップ色を赤系に変更。ストレートスタイルから、前髪をポンパドールにして、毛先はカール感を出し、夜の雰囲気に溶け込むイメージを作っていきました。2種類用意した八重歯、写真によって形が変わっているのが分かりますか?

十左近さんは、プロのモデルとして活躍している女性です。豊富な経験もありスタッフの指示に迷うことなくキメてくれました。「自分たちが思っている通りに動き、さらに変化もつけてくれる。ポーズを少し伝えただけですぐに再現できる。こちらがもっと見たい、もっと違う表情が出るのでは、と期待させられるモデルでした。スタイルも表情ももっと作りたかったです」と、感心しっぱなし。モデル本人は「自分で勉強していく世界なので、もっと経験値を積みたい」と謙虚さがあったとか。モデルのパフォーマンス力も、創作のクオリティに影響があることを、スタッフ一同知りました。

メイキング&オフショット

BorisGirls一覧へ

ページTOPへ