vol16

Create
2013.03.24
Hair
柏崎 剛志
Make
江指 明美
Photo
梅林 俊也
Model
木澤 咲貴

Daily / Non-daily

モッズ・ヘア福井店のお客様で、柏崎が何度か見かけたことがある女性がモデルになってくれました。事前にイメージ作りが出来ていなかった前回の反省点(vol.07)をふまえ、今回は、カウンセリング前にビジュアルを用意しておいた柏崎。「お顔や雰囲気は知っていたので、モデルの担当である小浜さんに、彼女のイメージを聞いてヒントを得て、ボリスガールに似合うイメージ作りを自分の中で温めていきました」。

当初用意していたクール&ビューティなイメージをもとに話を進めていたところ、モデルから予想外の提案が!「犬と一緒でもいいですか?」のひとこと。 「愛犬と一緒に居たらリラックスできると思います」という申し出に、自然な笑顔がこぼれるかもしれない、と柏崎も快諾しました。

犬と一緒に、というモデルの提案から柏崎は、「家でリラックスしている雰囲気」を撮影にプラスすることにしました。ゆるめのブローで、ふわふわとボリューム感を出し、着飾らずナチュラルさを押し出せるよう工夫を重ねました。 「ヘアスタイルの写真というより、犬とくつろぐ、ネイルをする、など日常の一片を切り取る全体のイメージ写真に仕上げたかったんです」。

対して、もう一枚は、メイクも髪型もキメて気合いの入った女性像が狙い。細かめのコテで巻き、ねじり、ちらしたヘア。眉はしっかり描き足し、アイラインもブルー&ブラウンを足して強く。照明に工夫を凝らしてコントラストをつけたワンカットです。

2つの違う表情を引き出せた達成感はありつつも、柏崎の反省点は、ポージングに幅が出なかったこと。下準備の段階で、カメラマンとアシスタント、メイク担当との細部にわたる打ち合わせが必要だったと振り返ります。「事前に構図の打ち合わせができていれば、撮影のアイデアもわき、小道具のバリエーションもつけられたと思います。撮影が始まってから迷いなく、意思疎通ができた上で、良い一枚が撮れたのではないか、と」。 次への課題がみえたからこそ、スキルアップができるというもの。スタイルだけに終わらず、スタイリストが足りない部分を補う力をつけていく、それがボリスガールの隠れた意図でもあります。

メイキング&オフショット

BorisGirls一覧へ

ページTOPへ