vol20

Create
2013.07.14
Hair
鹿島 遥
Make
江指 明美
Photo
梅林 俊也
Model
木谷 紫乃

ENJOY!!

健康的で明るい、笑い方も可愛らしい!元気いっぱいの女の子、木谷さん。「外国人の女の子みたいになりたい」と願う彼女は、普段のスタイルもアメリカンカジュアル。海外テレビドラマ『ゴシップガール』や『ビクトリアス』に出てくる女の子たちのように見られたい!と思っていました。セクシー系じゃなくてハツラツ系。「お昼にフランスパンを抱えて歩くような、スカートをはかずに、スニーカースタイルで」とヒアリングの時に発せられた彼女からのコメント。それを聞いた担当の鹿島は、モデルが好きだというドラマと女優の情報を集めるところから始めました。

事前の仕込みでは、洋服を先に選んでからヘアスタイルを手がけました。憧れの女優に近いカラーを真似、全体をトーンダウンさせてハイライトをたくさん入れました。ブラウン系のカラーでツヤ感を出し、あえてロングの重たい印象を残しています。「ボリュームを出すと、巻いた時にハイライトが生きるスタイルにしました」。

1カット目は「昼下がり、フランスパンが似合う、明るい女の子、L.A.風に」。カジュアルさを意識して、ニット帽と大きなバッグを合わせた全身のコーディネートで表現しました。背景のコンクリートの建物のことも念頭においています。

2カット目は、『アメリカンレストラン・ハンバーガーランド』の店内で撮影。赤色が映える内装のことを考え、シンプルな白のトップスに、柄ボトムとターバンで色を合わせました。「1カット目と違ってボリュームアップなヘアにチェンジ。豪快に、ヘアの存在感も出したい」という狙いがあります。メイクはどちらも目鼻立ちをはっきりさせるため、太い眉とノーズシャドウをしっかり入れました。

「いろんな方面からアイデアを集めて、取り入れて、スタイルを作る。仕込みも撮影もモデルを中心に場の雰囲気を見ながら、仕上げていく。作り手が作りすぎないこと、力を抜いて作ることも大事なことと学びました」。そのおかげか、撮影ではモデルの魅力も全開になった様子です。「外国人っぽい表情も、お茶目さもあって。モデルの表情の豊かさに驚いたと同時に助けられました」と、笑顔のモデル写真を前に、鹿島も笑って話してくれました。

メイキング&オフショット

BorisGirls一覧へ

ページTOPへ