vol27

Create
2014.04.02
Hair
伊藤 亮
Make
宮口 玲菜
Photo
梅林 俊也
Model
大田 麿柚

Another me
〜もう一人の自分〜

『ボリスガール』を見て志願してきてくれた19才の彼女。童顔で子どもっぽい印象を持たれるので大人の女性に見られたいーーと一歩を踏み出してくれました。しかしどう変わりたいのか自分でも分からない…そんな彼女の心を引き出すため、伊藤亮が担当につきました。

「洋服で言えば?」earth music&ecologyが好き。「芸能人でいえば?」宮崎あおいが好き。「普段のスタイルは?」ナチュラル系が多いかな。「よく聞く音楽は?」実はパンクロック系が好きなんです。ナチュラルとパンクロック、そのふたつのキーワードから伊藤は映画「NANA」を思いつきました。宮崎あおい演じるナチュラル系の可愛い女の子と、中島美嘉演じるロックテイスト系の強い女の子が出てくる映画です。彼女に映画ポスターを見せ「こういう感じはどうか」と提案。「ひとりの女性で、まったくイメージの違うふたつの印象を作ってみたかった」と伊藤。

打ち合わせを重ねた後、髪型の仕込みは、ブリーチ後Wカラーを施して寒色系のベージュで強さとクールさを表現しました。しかしロックテイスト系はこれでもよくても、ナチュラル系の撮影の時は髪の色が明るすぎます。そこでロングウィッグを使うことにしました。

最初の撮影はウィッグをつけたナチュラル系。ドライヤーでパーマっぽいふんわり感を、メイクはチークを多めにのせてキュートに。「部屋でくつろぐ感じで、お茶を飲んだり、鏡をみてみたり、ポーズをお願いしました」。
2枚目はロックテイスト系。髪の表面をカットして質感を変え、ジェルでウエット状にスタイリング。ナチュラル系とは対照的に、切れ長のアイライン、濃いめのアイシャドウ、紅いリップを。そしてライダース風のジャケットを羽織った決めポーズ。「この撮影の時は、お酒の瓶やたばこを小物に使って気だるさを出したいとお願いしました」。

最初は恥ずかしがっていたモデルも撮影ではスイッチが入るタイプで表情も豊かに。「スタッフ全員が1枚の映画ポスターでイメージを共有できたのでスムーズでした。一方スタイリングを崩すなどもっと遊び感があってもよかったかな」と話します。
作り上げたい世界観の共有ができたことで、ポージングの指示も的確になりモデルにしてほしい表情を具体的に伝えることができたようです。伊藤は最後に「実際自分で担当するとこんなに難しいとは思わなかった。ひとつのスタイルを作り上げるのに、スタッフ同士でのイメージの共有がまず大事だと実感しました」と話してくれました。

メイキング&オフショット

BorisGirls一覧へ

ページTOPへ