vol3

Create
2012.04.29
Hair
山崎 瞳
Color
山崎 瞳
Make
鹿島 遙
Photo
倉橋 一気
Model
中出 雪絵

HAPPY

撮影前のカウンセリング。モデルの第一印象は「かっこいい女性」でした。20代前半ながら、ジャケットとパンツを着こなすマニッシュな女子。「しっかりしている人だなあ、と思ったのですが、顔を見ながら話をすると、やんちゃな可愛さがあったんです。よし、この部分を引きだそう、いつになくスイート&ハッピーな感じにしよう!と思いつきました」とヘア担当の山崎瞳。

仕込みの段階では、髪を少し明るめにオレンジ一色を入れました。もともとの髪色に入り込んだため、ムラができたものの、それが返って立体感を作りました。
ヘアは、重めを残しつつ、ふわふわスイートをめざし、3センチ程度をカット。前髪も厚めです。
メイクは目じりを下げて、かわいく、眉はブラウンに、ふわっと感を出すマストアイテム、チークにも気を遣いました。

シャツスタイルが好き、という事前の言葉から、撮影用にシャツを用意してもらったのですが、当日に着用してきたワンピースが、イメージにぴったり。急遽そのワンピースで撮影をしたそうです。ジャケット&パンツスタイルから、イメージチェンジを遂げたモデルです。
撮影中、モデルさん自身がとっても楽しげに参加してくれました。山崎は、カメラマンに「ふわっと、エアリー感を出して欲しい」とだけ伝えた程度。彼女はくるくる表情が変わるので、いいな、と思った瞬間をキャッチしてもらったそうです。

今回の企画にトライした感想を、山崎は次のように話してくれました。
「普段とは違い、撮影もあるので、ヘアメイクと洋服などトータルで変えられる面白さがありますね。先輩のアドバイスに助けられたところも大きいです。ひとつ感じたのは、自分が“このイメージがいいな”と思ったことを、他のスタッフもイイ!と褒めてくれたこと。絶対的かわいさには、バランスがあるんだ、と感じました」。
さらに
「気持ちはサロンワークと変わりません。モデルでもお客様でも、女の子がうれしい、楽しい、喜んでくれるスタイルを作る。そのことに価値があると思います。正直、もっとできたかもしれない、と思うけれど、それは次の課題に残しておきます」。

カワイイだけではなく、知的さを残したスイートさを。山崎の、秘めたメッセージが光るスタイリングになりました。

メイキング&オフショット

BorisGirls一覧へ

ページTOPへ